レーザー脱毛で脱毛出来る部位について

効果の高さで人気なのが、美容外科や皮膚科のクリニックで行っている、医療レーザー脱毛です。

 
1回の施術で毛根をしっかりと破壊する事が出来る為、5回から6回程度の施術でムダ毛のない綺麗な肌にする事ができます。
そんなクリニックでの脱毛は、脇や腕や脚、背中や顔、デリケートゾーンなど、全身の殆どの部位に対して施術が可能となっています。
ただ、できない場所も存在します。
それは、毛髪と粘膜面、首の全面、です。

 
毛髪に関しては照射可能ですが、レーザーが反応しやすく、炎症を起こす可能性が高くなる上、色素沈着などの肌トラブルの原因となってしまう可能性もあります。

 

 
更に、肛門や乳輪など、粘膜の部分に対しても照射する事はできません。
ただ、粘膜の際までは照射可能で、肛門や乳輪の周辺は照射を行う事が可能です。
そしてもうひとつ、首の全面というのは、甲状腺がある部分なので、照射をする事ができません。
これ以外では、鼻を除外するクリニックも存在します。

 

 
鼻は、その形状から、照射が難しく、照射を失敗した時のリスクが高い為、施術を行いにくい部位の一つとなります。
このように、いくつかの施術ができない部位が存在しますが、それ以外は全身ほとんど、脱毛が可能です。

コメントは受け付けていません。